谷口輝世子Kiyoko Taniguchi

米国在住のライター。日本ではスポーツ紙の記者をしていました。スポーツ取材が中心です。

ロッククライミングの登攀ルートには、なぜ、女性の身体に関する名前がつけられているのかの追記

 

私はヤフー個人にロッククライミングの登攀ルートには、なぜ、女性の身体に関する名前がつけられているのか。という記事を投稿しました。

 

その内容は大まかにいうとこのようなものです。

  • 米国やカナダのロッククライミングのルートは女性の身体に関する名前や性的な名前のついたルートがある。
  • これらのルート名について性差別や人種差別につながるという意見はある。
  • 私自身は、日本の山岳信仰の影響を受けており、私は岩や山を人間の身体、または、性器に見立てることに不快感はない。
  • ただ、タンポン・アプリケーターという名前があると聞き、私は命名センスが今ひとつのように感じた。
  • カナダでのルート名について書いており、日本のロッククライミングのルート名については書いていない。記事投稿後に「ポコチン大魔王」という岩があることを教えていただいた。(テレビでも取り上げられたそうです。https://togetter.com/li/904476



この記事を発表した後、ルート名にどのようなものがあるのか。そのようなルート名は存在するのか、どうしてそのような名前がついたのかの経緯を書く必要があるというご指摘がありました。

 

また、同じ方から私の書いた記事は専門家などにインタビューをしていないというご指摘もいただきました。専門家やクライマーへの取材ができていないことは今後の課題とさせていただきます。

 

以下に参考となる資料を示していますが、ここでも性的な名前のルートに問題があると考えている研究者とその内容の紹介にとどまっています。表現の自由や名前には問題がないと考えている立場の意見を現時点では、取材できていませんし、研究資料として見つけられていないことは今後の課題とさせていただきます。

 

では、どのような性に関する名前のルートがあるのか、どのような経緯でつけられたのかなどについて。

 

登山家で、カナダのメモリアル大学の野外教育の教授であるTA・ローフラーは、1996年に

「セクシャル・ハラスメントと体験教育プログラム」という研究を発表しています。

Loeffler, T. A. TITLE Sexual Harassment and Experiential Education Programs: A Closer Look.

https://files.eric.ed.gov/fulltext/ED412047.pdf

 

ローフラーは米国の性に関する名前がついたロッククライミングのルートを次の4冊のガイドブックなどからまとめています。

 

Harlin, J., III. (1986). The climber's guide to North AmericaEast Coast rock climbs. Denver, CO: Chockstone Press.

 

Steiger, J. (1985). Climber's guide to Sabino Canyon and Mount Lemmon Highway. Glendale, AZ: Polar Designs Publication.

 

Waugh, J. (1982). A topo guide to Granite Mountain. Glendale, AZ: Polar Designs Publication.

 

Webster, E. (1987). Rockclimbs in the White Mountains of New Hampshire (2nd ed.). Eldorado Springs, CO: Mountain Imagery.

 

ローフラーがガイドブックで調べてリスト化した米国のロック・クライミングのルート名です。

Names Referring to Female Anatomy

Big Breasted Bikers

Throbbing Labias Magnolia

Thunder Pussy

Here Come the Jugs

 

Names That Degrade Women

Bitch Topless Tellers

Crazy Woman Driver
Happy Hooker

 

Names About Sexual Violence

Cornholer's Incest

Gang Bang

Double Ganger

Slam Barn Book Jam

Matricide

Jack the Ripper

Slammer Jam

Assault and Battery

Psycho Killer

 

Names Referring to Male Anatomy

Dildoe Pinnacle

The  Phallus

Family Jewels

Handsome and Well-Hung

 

Names that Degrade Gay People

Ethics are for Faggots

Homosexual Armadillo

Flirting with Dikes

Revolt of the Dike Brigade

 

Names About Sex

Foreplay

For Sexual Favors

Ménage a trois

Orgasm

Celibate Mallard

Swinging Hips

 

女性器を表すThunder Pussy、

輪姦を表すgang bang

売春婦を表す happy Hooker

人工ペニスの先端 Dildoe Pinnacle

ホモセクシャルアルマジロHomosexual Armadillo

などがあります。

 

これらのルートのひとつひとつがどのような経緯で、名前がつけられたのかは分かりませんが、ローフラーはこのように書いています。

In some settings, outdoor adventure programs are male-dominated and filled with sexual joking. Examples of this joking are found in published rock-climbing guides

 

「いくつかのセッティングでは、アウトドアのアドベンチャープラグラムは男性優位であり、セクシャルなジョークでいっぱいになっている。これらのジョークはロッククライミングガイドで見つけることができる」としています。

 

ローフラーは一部の状況セッティングでは男性優位になっており、セクシャルなジョークが多く、それがネーミングの背景にあることを示唆しています。

 

ローフラーはアウトドア環境でのセクシャル・ハラスメントを認識することにより、男性にとっても、女性にとっても、これらの活動にアクセスしやすく、安全で、力を与えるものになると意見を述べています。

 

ローフラーの研究発表は、30年以上の前のガイドブックを元に作られたリストですが、ロッククライミングのプラットフォームで性的な名前のついたロッククライミングのルートがあることが分かります

 

女性器を表すPussyで検索すると以下の複数のルートにヒットします。

 

https://www.thecrag.com/climbing/canada/calabogie/area/940506120/search?S=%E3%80%80pussy

 

男性器を表すPhallusで検索すると以下の複数のルートにヒットします。

 

https://www.thecrag.com/climbing/canada/calabogie/area/940506120/search?S=phallus

 

このサイトには初めてクライミングに成功した人の名前が書かれていますが、どのような経緯で名前がつけられたかは不明です。

 

タンポンアプリケーターはこちらです。

https://www.thecrag.com/climbing/canada/calabogie/route/211621491

 

また、2018年11月の国際アウトドア教育研究カンファレンスでも、ロッククライミングのルート名についての研究が出されています。

 

https://www.usc.edu.au/media/19143235/ioerc8_final_abstracts_18_11_18.pdf

こちらのPDF34ページ、#74です。

 

The Cultural Politics of Naming Outdoor Rock Climbing Route

研究者はカナダのクイーンズ大学で博士課程に在籍しているジェニファー・ウィグルワースです。ウィグルワースはルート名の研究ではなく、性的なルート名が女性クライマーにどのような影響を与えているか、与えていないのかを研究しています。ウィグルワースは米国ネバダ州のパンティラインというルートなどで女性のクライマーに調査をしているようです。

 

ヤフーの記事は、何が言いたいのか分からないというご指摘もありました。

記事を書いたのは、次のようなことを読者の方と共有しようと思ったからです。

  • 北米には性的な名前のついたロッククライミングルートがある。
  • その名前のつけ方には、表現の自由とする意見と、差別的表現であるという意見がある。



今日の時点での私の意見

  • これらは男性だけのスポーツのロッカールームなどで使われているような単語ではないだろうか。ロッカールーム内にとどまっている分には問題になることは少ないだろうが、ロッククライミングのルート名になると差別的表現だ見なされるものもある。

 

  • ただ、オンラインのプラットフォームで改めていくつかの単語使ったルートを調べたが、どこまでが差別表現で、どこからが差別表現でないか、という線引きは難しいだろう。

 

  • 一度、つけられた名前は、性的な名前でも、すぐに変えることは現実的でないと思う。誰が変更を求めるのか、最初の命名者が新しい名前を変更できるのか、などの問題があるのではないか。

 

  • ルートに性的な名前がついていることで、そのルートを避ける人がいるのだとしたら、クライミング界にとってもったいない。また、その人がクライミングの機会を逃したことになるのではないか。

以上です。



運動部活動改革とツイッターについて

 運動部活動改革とツイッター活用について

 ここ数年の日本の部活動改革の動きについて、私が最初に関心を持ったのは、2015年のはじめだったと思います。真由子先生のブログや内田良先生のお書きになった記事がきっかけでした。
 長時間に及ぶ活動や、顧問をやりたくない先生がしんどい思いをされているという問題に、米国の事例やシステムを取材して、発信することで、お役に立てるのではないかと考え、記事を書いていました。
 記事を書いたからには、ツイッターで発信もしたほうがよいのかなと思い、自分の思ったことや知っていることをつぶやきました。部活動改革に携わる先生方のツイッターも熱心に読むようになりました。
 しかし、ここ1年ほどは、ツイッターで運動部活動についてつぶやくのを控えるようになりました。それは、私が他の方のツイートを読んだときに、感情が高ぶり、反射的に批判したい気持ちになったこと。実際に、感情が高ぶった状態で批判したこと。私自身のツイートが批判されたときに、いやな気持ちになること。これらが理由でした。
 報道に携わる者の端くれとして、取材をせず、イメージだけで物事を考えて、発信するのはやってはいけないことなのに、イメージ上の問題を前提にして、記事を書いたことも1、2度ありました。
 そういったことから、自分の感情を安定させたい、自分の仕事への取り組みを改めたいと思ってツイートを控えてきました。
 それに加えて、運動部活動についてのツイートを控えたい理由がもうひとつあります。
 インターネットやツイッターは、部活動の問題を見える化し、問題提起をするということには大きな力を発揮しています。しかし、ツイッターは、部活動をこれからどうするのか、という合意形成にはネガティブなものになっているのではないかと懸念するようになったからです。
 これまでの運動部活動を見直し、少しずつ変えていくためには、学校のそれぞれの運動部単位での合意形成が不可欠だと、私は思っています。参加する生徒、顧問してくださる先生、保護者、学校。個々の意見が全て聞き入れられることはないでしょうが、こういう活動にしていこうと、どこかで一致させ、定期的に見直すことが必要なのではないかと考えています。その過程は、生徒たちにとって大きな学びの機会になるように思います。
 ツイッターでつぶやけば、つぶやくほど、分断が起きているような印象を受けています。現場をよく知らない外野の私が加わると、不用な分断をまた、ひとつ作ってしまうかもしれません。
 私は、日本の部活動は全員入部制、全員顧問制をやめ、足りないところは外部指導者の協力を得て、学校で適正な活動量を行うのがよいのではないかと考えています。それと同時に、私が何かを報じるという仕事をする上で、自分の考えに縛られず、米国の事例や問題点を紹介したいと考えています。

何をしたらいいのか、どのようにツイッターを使えばいいのか、考えながら進みたいと思います。
 
 

組み立て体操は見せものか、発表か

夕べ『問題としてのスポーツ』(エリック・ダニング著 大平章訳 法政大学出版)をパラパラとめくっておりました。

第1章の「スポーツと余暇における感情の問題」

私自身が組み立て体操問題という文字を書き込んでいたページがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツを含む余暇活動は、規則、管理された労働環境や社会環境と関連があります。

私たちは、管理された中で働き、感情的になることをネガティブに捉える社会環境のなかで、生きています。

毎日の暮らしのなかで抑制されている感情を、解放できる場のひとつが余暇の活動です。演劇や音楽をしたり、見たり、スポーツを見たり、したりすることです

ダニングはこう書いています。楽しい希望と交互に起こるつかの間の不安がなければ、また期待に満ちたわくわくするような喜びとはらはらするような一抹の不安が行きつもどりつしなければ、限定された満足感しか余暇活動からは得られないということ。

成功するかとうか、勝つかどうか、やってみなければ分からないドキドキハラハラするような感情が、スポーツの醍醐味であること。この次にどうなるか分からないから映画や演劇をより楽しめるということ。ホラー映画に人気があること。なのだと思います。

それで、なぜ、組み立て体操問題、という文字を私が書き込んだのかというと、組み立て体操を成功させる、成功させなければいけないという恐怖と、うまくいったときの快楽の振れ幅がものすごく大きく設定されているのではないかと思ったからです。巨大な組み体操では、難易度と恐怖度が高く設定されていて、その難易度と恐怖度ゆえに、成功した場合には、大きな快楽を得ることができる。たとえば、巨大組み体操が「我が校の伝統です」となどという理由付けで取りやめにするのが難しい場合、成功したときに感じる大きな快楽を手放すのが難しいのかもしれません。生徒も教員も保護者も。

自分にとって、ちょうどよい難易度のとき、人は喜びを感じてその課題や作業に取り組むことができると言われています。「フロー体験」という言葉もあります。

だから、運動会のいろいろな演技、組み立て体操も、子どもたちが「できた」と手応えを得られるものであって欲しいと思います。簡単すぎる課題では、手応えを得られません。

しかし、学校の場合は、全児童や全生徒が参加することを前提にしており、全員参加を前提にした難易度を設定しなけれないけないという困難さがあります。課題や目標の設定の仕方によって、組み立て体操の高さや大きさ以外で、手応えを感じられるポイントはどこなのか。

ジェットコースターや映画は、擬似的に恐怖と快楽の揺れ動きを楽しむものですが、スポーツは生身の人間がするもの。見る人が恐怖と快楽の振れ幅を楽しむために、子どもの体が消費されていないか。子ども自身が恐怖と快楽の振れ幅を楽しみたいからと、リスクを推し量ることを後回しにしていないか。

子どもが元気いっぱいに動きまわる姿は、見ているだけの大人に心地よい刺激をもたらしてくれます。でも、子どもの体は、私たちを感動させるために存在するのではありません。プロ選手たちは、そのパフォーマンスをファンに「消費」されているのかもしれません。でも、プロ選手たちの身体そのものが消費されるようなことは、選手会などの存在で多少は歯止めがきくようにも思います。特に最近は。

このダニングの本は、フーリガンについても書かれていて、不安、緊張と快楽の揺れ動きと、見る人たちの暴力についても触れられています。